Mキャロ(ティクト)アジングでアジを狙ってみる in 日吉原公共埠頭(大分県大分市)

アジをルアーで狙うアジングはロッド(竿)とリールとジグヘッドリグがあれば成立するとてもお手軽な釣りで、幅広い年齢層に人気の釣りとなっています!


20200219日吉原2.jpg


通常は軽量ジグヘッドにアジング用のソフトルアー(ワーム)の組み合わせのジグ単仕掛けでアジを狙っていきます。

アジングの基本仕掛けのジグ単に飛ばしウキ(Mキャロ)をセットしたティクトのMキャロアジングでアジを狙ってみましたのでご紹介したいと思います!


Mキャロとは



ジグヘッド単体(ジグ単)でのアジングではワームをスローにフォールさせてアジなどのターゲットにアプローチをかけていきます。

アジングでもっとも重要なことは、アジのいるタナ(水深)をしっかりと見つけ出して、そのタナにルアー(ワーム)をしっかりと通すことだと思っております。

アジング中級者や上級者であれば、ジグ単でもボトム(底)を確実にとれて、アジのいるタナを確実に見つけ出すことはできます。

しかし、アジングや釣りをはじめたばかりの初心者の方が軽量のジグ単でボトムをとることや、アジのいる水深にルアーをスローに通すことはけっこう難しいことだと思います。

私自身もアジングをはじめた頃には、水深のある防波堤や風や波、潮の流れが速いシチュエーションでジグヘッドを安定してアプローチさせることや、ボトムをとることがなかなかできずに釣果も乏しく悩んでいました。

そんな時に出会ったのが、ティクトから発売されているMキャロでした!

リールに巻いてあるメインの道糸とジグヘッドリグの間に飛ばし用のウキ(Mキャロ)をつけた仕掛けです。

この重量のある飛ばしウキ(Mキャロ)がジグヘッドリグの上にあることで、初心者でも軽量ジグヘッドを遠くにキャストすることができるのはもちろん、底もとりやすくなり、狙った水深を比較的楽にトレースしやすくなります♪

Mキャロのおすすめポイント①【圧倒的飛距離ではるか沖を攻略できる!】

Mキャロの最大の特徴は、バックスライドフォール
Mキャロは着水後、さらに沖に向かって沈んでいく構造のため、はるか沖にいる群れを攻略できます!
圧倒的なキャスト飛距離と着水点+α沖へのアプローチが可能です♪

Mキャロのおすすめポイント②【レンジキープが楽で簡単にできちゃう!】

Mキャロ最大の特徴の着水後斜め沖に向かって沈むバックスライドフォール。
この特徴によって、アクションを加えた後のリグは常に沖へ向かって引っ張られるように沈むため、釣り人と仕掛け側両方で道糸を引っ張りあっている状況を作り出せ、レンジキープがとてもしやすいです!

また、Mキャロは中通しで内径の太いパイプの構造のため、魚からのアタリが非常にわかりやすいのも特徴です♫

仕掛けについて



仕掛け(リグり方)とおすすめのタックルについてになります。

ティクトのMキャロタックル紹介動画です




20200219日吉原.jpg


道糸のメインラインはPEライン0.4号もしくは、ナイロンライン1~1.5号くらいがおすすめです。











道糸の下側に中通しのMキャロ(ティクト)を通して、その下にクッションゴムとしてウキ止めゴムにスイベルをつけます。


























スイベルにショックリーダーの1~2号のフロロカーボンラインを20~30㎝ほどつけて、0.4グラム程の軽量ジグヘッドにワームをセットします。
















Mキャロにおすすめのロッド&リール


Mキャロに最適なロッドは10グラム以上の適合MAXウエイトでハリがあるちょっと固めのロッドが操作しやすく、アタリもとりやすくおすすめになります!
















リールは2000番クラスの浅溝(シャロー)タイプのスプールのスピニングリールが使いやすいです!






アクションのつけ方



Mキャロリグの基本的なアクションは「シャクリ+フリーフォールもしくはテンションフォール」

①キャストし狙うタナまでフリーフォールでMキャロリグを沈める。

②狙うタナまで落としたら、ロッドティップ(穂先)で2,3回ほど軽くシャクリ(誘い)をいれる。

③シャクリ後はフリーフォールもしくは、テンションフォールでMキャロリグをフォールさせます。

④その後は②のシャクリと③のフォールを繰り返します。

ティクトのMキャロ実釣動画です


実釣してみました(日吉原公共埠頭)



いざMキャロリグをもって大分市の日吉原公共埠頭にナイトアジングに行ってきました。

当日の潮回りは大潮の上げのタイミングでの釣行です。

Mキャロの最大のメリットである重さとバックスライドフォールを活かすため、できるだけ沖に大遠投キャストし、フリーフォールでさらに沖にスライドフォールさせていきます。

そのままボトム(底)までMキャロを落としてから、3回ほどロッドティップでチョンチョンとシャクリを入れ、テンションフォールで再度着底させます。
シャクリとフォールの繰り返しで、コツンとアタリがありますが、乗りませんでした。

Mキャロを回収し、再度大遠投→着底→シャクリの繰り返し。しゃくり上げからのテンションフォール中にきました!!!


20200219日吉原1.jpg


ナイトアジングでラインが見えないですが、Mキャロの自重で常にラインを張ることができるため、フォール中のあたりが確実に手元に伝わってきてアタリをとりやすいですね!

海面付近でぱちゃぱちゃと魚の生命感があったので、Mキャロをその周辺にキャストし、シャクリでアピールさせてからの、ロッドティップをできるだけ高い位置でかまえてテンションフォール。。。


20200219日吉原3.jpg


18㎝ほどのアジキャッチです!

Mキャロは鉛+浮力体でできているため、スローアクションとレンジキープ力に優れているので、ロッド操作で表層の魚も狙うことができます!

その後もアジの数釣りを楽しみ、潮止まりを迎え釣り終了としました。

現在の日吉原公共埠頭は15~20㎝ほどのアジがコンスタントに釣れている状況です!

まとめ



ジグ単では狙うことができない沖の潮目などにアプローチできるMキャロ!
Mキャロをアジのタナを探るためのパイロットルアーとして使用していただければ、効率的にその日の攻略法を見つけ出すことができるのではないでしょうか!?
Mキャロとジグ単のローテーションでより多くのアジにアプローチしてみると面白いかもしれませんね♫

最後までご覧いただきありがとうございます。







この記事へのコメント